« OH!レッズ、アルディージャ | トップページ | クリスピのハンドル交換2 »

2009年10月 5日 (月)

LT-H90DTVに外づけHDDって、結構アドバンテージか?

LT-H90DTVは、いろいろ面倒と思いつつ、まあ、便利に使っています。
ネットワークメディアプレーヤーの機能を生かす環境がないため、ほぼ、デジタルTVチューナー&レコーダーとしての使用ですね。

その録画用に、以前PCに内臓していた80GBのIDEタイプのハードディスク(HDD)をUSB接続ケースに入れて使っています。

わずか80GBなので、10時間くらいでいっぱいになってしまうのには、ちょっと困っています。

Hdd_info

HDD情報を、こんな感じで見ることができます。

 

いつかはブルーレイ(BD)レコーダーを買うつもりなので、LT-H90DTVの録画機能には最初から多くを求めていなかったとはいっても、やっぱりBDとかの他のメディアに移せたらいいのに、という思いになります。

最近はBDディスクも安くなってきたようで、1枚300円くらいで買えるのではないか・・・

しかしまてよ、HDDも、バルクだったら500GBが5000円くらいで買える。

1ギガ10円!バイト単価では、まだHDのほうが安いのではないか!!

LT-H90DTVは、ブルーレイレコーダーと違い、録画用のHDを自由につなぎ換えられます。
つまり、HDがいっぱいになって、消すことが惜しい場合は、違うHDに換えてしまえばいいのです!

「iVDR」っていう、日立と三洋電機が採用しているカセット式のHDがありますが、そのように気軽にはいかないにしても、普通の3.5インチのHDDを簡単に差し替えられるようなものであれば、安く似たようなことができるのではないかと考えたりします。

↓こういうのだったら、HDDをカセット感覚で抜き差しできるのではないか!?


BDディスクを10枚買うと考えると、300GBくらいのHDDが買えるのですから。

いろいろ構想していて、「BDなんていらんかも」とも思うまでにいたったのですが、重要なことに気がつきました。

LT-H90DTVで録画してHDDに残っているデータは、LT-H90DTVでしか再生できない!!

つまり、仮に複数のHDDに、録画データをストックとして残しても、LT-H90DTVが壊れた場合、またLT-H90DTVを買い直すしかないのです。

LT-H90DTVが壊れたとき、またLT-H90DTVを買いなおすなんて、正直なところ「それってどうよ」っていうのが、現時点の偽わざるところです。

追記:後からわかったのですが、買い直してもダメみたいです。録画に使った機器そのものしか再生できないようになっているので、壊れた場合は、直すしかないようです。

デジタル放送って、本当に面倒ですね。

|

« OH!レッズ、アルディージャ | トップページ | クリスピのハンドル交換2 »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535703/46395860

この記事へのトラックバック一覧です: LT-H90DTVに外づけHDDって、結構アドバンテージか?:

« OH!レッズ、アルディージャ | トップページ | クリスピのハンドル交換2 »