« CUDAで動画エンコードが速くなるか | トップページ | 中年男の修学旅行~奈良編1 東大寺と興福寺 »

2010年6月 8日 (火)

iPadがやってきた

iPadがわが家にやってきました。

Kidou_r

「iPadまでも・・・」って呆れられそうですが、そのとおり、道楽です。

必要性はまったくというほどありません。

家族(とくに妻)が、欲しくなったから買ったとしかいいようがない・・・。

以前から、娘が中学生になったらiPod Touchでも買ってやるか、って家庭内で話していました。
電子辞書くらいは今の中学生だと普通に使うと思うけど、iPod Touchだったら電子辞書アプリあるし、ちょっとした調べものをSafari(WiFiで)でできるし、それでいて3G契約しなければ、外でネットすることもないし。

そんな矢先に発表されたのがiPad。

う~ん、欲しい。でも、必要ない。

妻と何気にiPadについて会話しているとき、一瞬、悪知恵でも働いたのか、ふと次のようにもらしていまいました。
「娘にはiPod Touchじゃなくて、iPadのほうがいいかも。調べもの程度には普通にネットできるし、それでいてダウンロードとかに制限があるので、怪しい使い方することも防げるぞ」

つまり、娘をダシにしつつ、自分でも使うっていう発想ですね。
でも、それほど真剣に考えての発想ではありません。やっぱり必要ないから。

でも、この一言が火をつけてしまったようです。

妻がiPadを欲しいと言うようになったのです。

結構、話題になってましたから。

自称「ひきこもり」の妻は、ほぼ1日中家の中にいます。

わが家には、ゲームだけでも5種類(PS2、PS3、PSP、DS、Wii)あります。
テレビは、12月に46インチREGZAにしたばかり
3月に契約したケーブルテレビで、妻が好きな海外ドラマを24時間見れる状態。

さらに、妻専用MacBookまであるわけです。

これだけあるんですから、iPadいらないですよね。

外に持ち出さないんですから。

そのことを妻に話すと、
「だって、(画面を)ぐりぐりやったら楽しそうじゃない。アリスの絵本とか気持ちよさそうじゃん」って

なんじゃい、そりゃ~

って、正直思いますが、こんなことがモノを買う動機になってもおかしくないかもしれない。
逆に、こんな動機で買わせてしまうアップルって、すごいかもって、思ってしまいます。

一方で、私も理屈では「いらん」と思っているのですが、本当は欲しいわけです。

おもちゃをねだる子どもとおんなじ。

じゃあ、次なる理屈を考えちゃえばいいんですね。

ちょうど朝日新聞の契約が切れ、新聞勧誘のおじさんが訪ねてきました。
いつも、とりあえずの3ヶ月契約を繰り返し、洗剤やら飲み物なんかをもらってるのですが、そのたびに、次はもう止めようかという議論になります。

新聞とっても、妻も子どももほとんど読まないのです。わが家にとって、新聞代4000円の価値ははたしてあるのかって、思っちゃうんですよね。

でも、新聞をとらず、「新聞を親が読む姿が家庭内にない」っていうのも、教育上、どうよ、って思うんですよね。

私は朝日新聞を読むことは読むけど、あまり好きではなく、仕事上のこともあって、メインは駅で買う日経新聞。

それに加え、iPhoneでサンケイ新聞も読んでいます。無料ですから。

そこでひらめきました。

サンケイ新聞for iPhoneは、iPadでも見れるはず。

ということは、新聞代を払っていると思ってiPadを買い、それでサンケイ新聞を見ればよいのではないか。

こう妻に話したところ、そのロジックに俄然勇気づけられたのか、妻の「買おうぜ」攻撃は勢いを増すばかり。

その攻撃に耐え切れなくなった発売日、ついにヤマダ電機を訪ねることになりました。

まだ買うのは早すぎると思ったのですが、どうせ品切れで買えるはずはないと思い、その事実を妻にわからせて、攻撃を収めよう、というねらいもありました。

案の定、店頭在庫切れでした。

いつになるかわからない次の入荷のための予約受付中とのこと。

料金プランとかのおおまかな説明を受け、予約をしました。

だいたい6月末くらいの入荷かな、って勝手に推測して。

ところが、うれしいことに、3日後には早くも入荷したとの連絡がありました。

平日、仕事を早く切り上げてヤマダ電機に駆け込みました。

料金についてわからないことが多かったので、店員にたっぷり質問しました。店員の説明の一部に誤りがあり、後日、ちょっとしたトラブルとなりました。それについては機会があったら述べたいと思いますが、それにしてもやっぱりソフトバンクはわかりづらい。

買ったのはWiFi+3Gタイプで、定額ではなくプリペイドコース。たまにしか持ち出さないけど、GPS機能は欲しかったので。

ウルトラSIMカードは販売員に挿してもらいました。

これは記録用として撮ったそのときの動画です。

 

これは箱です。

Hako_r

 

蓋を開けます。

Hakodashi_r

 

本体を出すと、説明書と保証が中箱に入っています。この中箱の下はケーブルと電源アダプターだけが入ってました。

Nakaziki_r

 

相変わらず、説明書が簡易すぎる。

Setumei_r

 

妻のiTuneアカウント作成に手間取ったものの、アクティベート作業はすんなりできました。iPhoneで経験ずみですから。

 

こんな感じに、妻のMACを母艦にしているわけです。

With_mac_r

 

ちょっとしか使っていないのですが、確かに画面が広いことの効果は大きいですね.。

WEBサイトも見やすし、文字入力も格段に楽です。

気になる「マップ」アプリ、つまりGoogleMapのiPad版なんか最高ですね。地図はやっぱ広いことはよいこと。

Map_mekuri_r

紙をめくるってて感じがすごくリアルです(よく見ると、地図が透過しているところまで表現しているんですね。すごい!)

でもやっぱり、外に持ち出してなんぼのもん、っていうのが本音ですね。だって隣にMacBookがあるんですから。

何か、家庭内でもよい使い道ができたら、このブログで報告することとします。

なお、皮肉にも、iPadが入荷したという連絡が来た日に、サンケイ新聞はもうiPadでは無料で読むことができなくなったことを知ったのでした。

|

« CUDAで動画エンコードが速くなるか | トップページ | 中年男の修学旅行~奈良編1 東大寺と興福寺 »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CUDAで動画エンコードが速くなるか | トップページ | 中年男の修学旅行~奈良編1 東大寺と興福寺 »