« GWの館林つつじが岡公園 | トップページ | 前橋 »

2011年5月17日 (火)

iPhoneの外部バッテリー用に、エネループ モバイルブースター KBC-L2BS

最近、iPhoneのバッテリー電量がすぐ減るような気がします。
持っていた外部バッテリーも劣化してきたようです。
思い切って、大容量外部バッテリー、エネループ モバイルブースターを買ってみました。

Imgp3263

 

iPhone3GSを使いはじめて1年と3か月。

メール、ウェブ閲覧、地図、その他もろもろ、プライベートにもビジネスにも使いまくっています。

最近は、家族がソフトバンクに総乗換えしたため、通話にも使いはじめました(ドコモも持ってるけど・・・)。

もう、iPhoneなしでは生きていけない。

少なくても、ガラケーでは絶対満足できません。

そんなマイiPhone、最近はバッテリーの減りが以前より速くなったような気がします。

iOSが新しくなって、バッテリーの持ちがよくなったはずなのに。

skypeアプリを入れたあたりからでしょうか。

さらに最近は、無謀にもチャリのGPSログ採りもiPhoneで済ませたくなっています。

バッテリー対策を、真剣に考えねば!

 

となると、とりあえずは外部バッテリーが必要ですね。

実はもともと、FILICO パワーバンクスリム(PowerBank Slim)というのを持っていました。

上は、最新のPowerBank Slim 3.0。私が持っていたのは1つ前のPowerBank Slim 2.0。

iPhoneを買う前、主にW-ZERO3[es]のために買ったのですが、iPhoneで使えることを確認してからの購入でした。

すでに、iPhoneを視野に入れていたのです。

3.7V 4400mAhの容量で、iPhoneを2回分くらいは充電できるということでした。

2回分充電できたかどうかは?ですが、それなりに重宝していました。

ところが、最近はフルに充電しても、40%くらいしか充たせません。

リチウムイオンなのに、早くも劣化してしまったのでしょうか。

やっぱり、定番のエネループ(eneloop)にしておくのが無難だとの結論に至りました。

 

パワーバンクスリムを買ったときも、当然、エネループ類は検討しています。

実際に、こういうのを買ったのでした。

KBC-E1AS。

単三エネループ充電器兼外部バッテリー。

iPhoneの外部バッテリーにするときは、単三電池を入れます。

これも、単三電池2本ではiPhoneを40%くらいしか充たすことができませんでした。

 

新しくエネループから買うにしても、いろいろな選択肢があるなか、結局のところ、買ったのはこれ。

モバイルブースター(mobile booster)KBC-L2BS。

一番、強力なヤツです。

この前モデルのKBC-L2ASも一度検討したことがあったのですが、残念ながらそのときはiPhone対応ではありませんでした。


他にいろいろなタイプを検討したのですが、たとえば単三電池を使うタイプだったら、これ。


 
 

また、KBC-L2BSの弟分のKBC-L3Sも候補でした。


 
 

いずれも魅力的ですが、一長一短。

結局は、最大容量のKBC-L2BSにしたのでした。

 

心配の1つは、重さ。

容量が大きい分、重いというイメージがあったんですよね。

でも、思ったほどではありませんでした。

パワーバンクスリムと同じくらいでしょうか。

大きさは、パワーバンクスリムよりも小さい。

Imgp3250

 

その分、ぶ厚い。 

Imgp3253


だいたい体積は同じくらいということで、重さも同じくらいなわけですね。

 

さて、KBC-L2BSを使うと、iPhoneでどのくらいの時間のGPSログ採りができるか、試してみました。

使うアプリはiTrail。最近はもっぱらこれです。

川口のグリーンセンターをメインの目的地として、1日中ログを採ってみることに。
途中、KBC-L2BSで補充しながら、どのくらいの時間、計測し続けることができるか。

 

 


より大きな地図で 無題 を表示

 

グリーンセンターは、花の楽園。

天気もよくて、気持ちよく写真を撮りまくりました。

Flower3

 

グリーンセンターを後にしてからは、スーパー銭湯でゆっくりしようと思っていたのですが、家族から呼び出しが・・・

しかたなく帰宅することに。

家にたどりついた段階で、5時間53分経過でバッテリーの残りが8%でした。

Img_0568

このときは、2分間隔のGPS計測。

計測回数の節約です。

それでなんとか、素の状態で6時間は計測できる、ということですね。

この状態のまま、KBC-L2BSをつないで充電開始。

アプリを立ち上げたままとはいえ、iPhoneを机の上に置きっぱなしなのでGPS計測はしていないかもしれません。

 

2時間半経過後、用事があってKBC-L2BSをはずしました。

Img_0569

93%の充電まで持っていけました。

 

帰宅後、再びKBC-L2BSをつないだところ、通算13時間04分で100%まで充電できました。

Img_0570

まだまだ、KBC-L2BSは余裕がありそうです。

この日のGPSログ採りはここで終わりにし、翌日、バッテリー残量28%のときに再びKBC-L2BSで充電の続きをしてみます。

Img_0572

KBC-L2BS自体の充電はしていません。

 

すると、バッテリー残量66%で充電が終了。

Img_0573

 

途中、iTrailを中途半端に立ち上げたまま充電したので正確性には欠けますが、仮にこの設定でiTrailでGPSログを採った場合、だいたい15時間半は計測できる計算ですね。

2回分の充電には達していないことになります。

う~ん。

でも、それでもおそらくこのクラスでは最強の外部バッテリーであるのは確かでしょう。

何より、劣化が少なく長く使えるはず。

長時間、外でiPhoneを使うときには、大変重宝することは間違いなさそうです。

 

|

« GWの館林つつじが岡公園 | トップページ | 前橋 »

GPS」カテゴリの記事

サイクリング日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWの館林つつじが岡公園 | トップページ | 前橋 »