« 多摩湖の先まで行ってみました | トップページ | Core-i5 2500Kで動画エンコードはどのくらい速くなるか »

2011年8月31日 (水)

ロジックボード&CPU交換でMonsterXがおかしくなった

ロジックボードとCPUを交換したことをちょっと後悔している理由の1つが、MonsterXの動作がおかしくなったこと。
いろいろな方法を試した末、今はすごく荒っぽい方法でなんとか使用しているところです。





ロジックボードとCPUを交換後、なんとかWindowsXPのインストールに成功して以降、元の環境復帰のためにいろいろ取り組んでいたなかで、とてもショックだったのが、Monster Xのキャプチャーがおかしくなったこと。

720pと1080iだと、早い動きで画面が乱れる(ブレる)んです。

わかりづらいですが、こんな感じです。

PnetiumDualからCore2Quadに変えたときもこんな症状があり(しかももっとひどかった)、そのときは、CPUの内部倍率を下げることで解消したので、またやってみたところ、今回はダメでした。

SandyBridgeのベースクロックは100Mhzになっていて、これがいけないかもしれないと考え、クロックを変えようと考えたのですが、±3%くらい変えただけで起動しなくなったりします。

Cpuz

デフォルトでのCPUの情報。

 

また、TurboBoostやSpeedStepなど、CPUの動作周波数や電圧などを臨機応変に変化させるCore iシリーズ特有の機能を疑ってみたものの、これらを変えてもダメでした。

他にも、MonsterXのドライバを変えてみたり、IRQの共有を解いてみたり・・・・

いろいろなことをやってみましたが、やっぱりダメでした。

 

悔しい~

結構、MonsterXは便利に使っていましたから。

 

この機能を失いたくないので、他のカードを物色し、真剣にこれなんかを買おうかと考えました。

サンコー HDMVC4UC。

 

HDMVC4UCは、うまく動くのであれば買って損はないと思ったのですが、この金額を出すなら、本当はBDドライブが欲しい・・・

 

やはり、割り切った気持ちになれない。

 

CPUがハイパワーになったからこそ、MonsterXに期待することがあったこともその理由でした。

それは、HD動画のリアルタイムh.264キャプチャーが可能になるのではないかということ。

そして、実際に可能でした。

MonsterX2のアプリを使い、コーデックがh.264のMP4による取り込みを試したところ、720pでそれが可能だったのです。

ただし、画面の乱れは直りません。

でも・・・

MPEG2で取り込むよりも、若干、画面の乱れが少ないと感じました。

これってもしかすると、CPUに負荷がかかっているからかも!?

つまり、CPUが速すぎるから乱れるのであって、他の作業で負荷をかけ、その分CPU処理に余裕がなくなれば画面の乱さなくなるのでは・・・

 

CPUに高い負荷がかかるものっていったら、動画のエンコードです。

そこで、MonsterXによる720pキャプチャーと同時に、MPEG2動画をH.264に変換する作業をやってみました。

Task100

タスクマネージャーを見ると、CPU使用率が100%に達する処理です。

 

すると、720pに限ってですが、推測どおり画面の乱れがなくなりました。

 

私の論理が正しいとは思えませんが、とにかく動画エンコードをしながらのキャプチャーなら、画面が乱れないのです。

 

ということは、MPEG2で取り込みつつ、同時にそのキャプチャーデータをH.264に変換できちゃうかも!?

こんな考えも頭をよぎり、実際やってみると、なんと、できてしまいました。(できあがったファイルを再生すると、映像と音がズレてました。設定次第でなんとかなるかも)

 

とにかく、何か高負荷な作業をしながらキャプチャーしちゃえばいいんだ!

ということで、エンコードソフトを2つ同時に走らせながらキャプチャーをし、さらに調子に乗り、CPUを4GHZにオーバークロックしてそれをやってみたりしました。

以前であれば考えられないような高負荷な処理ですが、さすがSandyBridgeです。こなしちゃいます(64ビットOSだったらもっと軽々なのかも)。

 

ただし、関心してばかりではいられませんでした。

CPU温度を計測してみると、なんと98℃に達しているではないか!!

98℃はBIOSでCPUの上限としている温度で、これを上回らないように電圧などが調整されるはず。

ということは、100℃をすぐに超えるような作業をやっている。

ひぃ~

こんなことをやってたら、マシンがいつ火を噴いてもおかしくない。

 

ということで、さすがに普段からオーバークロックすることはやめることにしました。

 

Core

それでも、70℃くらいはすぐにオーバーしちゃいます。

標準のクーラーだけだと、心許ないかも。

 

とにもかくにも無理くりでも、以前のように720pのキャプチャーができることはできるようにはなりました。

とりあえず、代替のカードの購入はしなくても済みそうです。

 

ただ、このままでは面倒なので、抜本的な解消法を引き続き探っていきたいところ。

どなたか、わかる方はいらっしゃいませんか・・・・

 

|

« 多摩湖の先まで行ってみました | トップページ | Core-i5 2500Kで動画エンコードはどのくらい速くなるか »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩湖の先まで行ってみました | トップページ | Core-i5 2500Kで動画エンコードはどのくらい速くなるか »