« ジャンクなカメラアクセサリー | トップページ | 朝靄の見沼田んぼ »

2012年4月12日 (木)

大宮公園経由の権現堂堤で、桜パノラマ撮影

今年の桜巡りサイクリングの行き先は、幸手の権現堂堤。
久々に一眼レフ持参でしたが、面白かったのは、iPhoneによるパノラマ撮影でした。

2012_s_flwr

 

今年は、冬が長引き桜の開花が遅い。
首都圏では、4月に入ってやっと開花って感じでしたね。

それでも、桜は桜。
パっと咲いたらあっという間に散ってしまいます。

週末に楽しめるのは、もう4月7日か8日しかないだろうと覚悟をしていたところ、8日(日)の午前中はなんとか時間が取れたので、朝5時に起きて、桜巡りサイクリング。

目的地は幸手市の権現堂堤

ここは桜と菜の花のジョイントが楽しめるらしい。

以前から、行ってみたいと思っていました。

2日前までの情報だと、まだ2分咲きということでしたが、前日(7日)の天気がよかったので、一気に花開きそうな気配でした。

 

距離にして30km強。

大宮公園から緑のヘルシーロードで北上し、蓮田あたりで一般道に入り、久喜市街地を抜けて到着でした。

カメラは、K-rとLX3を持参で、なんと三脚も担いでいきました。

その重みで、往復で70kmですが結構疲れました。

 

さて、撮影のほうですが、あまりうまく撮れませんでしたね。

腕が悪いからでしょうけど、やっぱりレンズのせいもあるでしょうか。

安物ばかりですから(と、自分に言い聞かせている)。

  

 

それはそうとして、ちょっと試してみたかったことがありました。

iPhoneによるパノラマ撮影です。

 

iPhoneを4Sにしてから、Photosynthというアプリによるパノラマ撮影が、すごく気に入ってしまいました。

Photosynth_icon

     Photosynth

 

これは、広角レンズの代わりになるかも!?

 

なんて思ったりもしたのですが、それはちょっと無理のようです。

もともとの目的が違うこともありますが、最大の理由は、このアプリで撮った(作った?)画像は、最大でも幅1600pixelしかならないこと。

Photosynthによる撮影

Photosynth

 

せっかくのiPhone4Sの800万画素が生かされてないですよね。

また、iPhoneは画面タッチでピントと測光の点を決めるのですが、このアプリは画面タッチイコール撮影スタートなので、そういったコントロールができません。

もしかして、コントロールできないようにすべてパンフォーカスなのかもしれません。

Photosynthには不満が出てきたのですが、パノラマ撮影自体の面白さを知ってしまったので、なんとかしたくなります。

 

そこで、他に良いパノラマ撮影アプリがないかどうか探したのでした。

 

まず見つけたのがパノラマ

Panorama_icon

   

パノラマ

 

Photosynthと同じように、連続して撮りながら、どんどん写真を連結していきます。

ちょっとインターフェイスが独特で面白い。

一方向しか連結しませんが、その代わり、広がるほうの長さには制限はなさそうです(iPhone4Sの場合で、縦方向は1300pixelに固定される)。

「パノラマ」による撮影

Photo

 

このアプリの最大の弱点は、iPhoneを垂直に立てて撮らないとダメなところ。

少し斜めったりしただけでもダメなんです。

 

う~ん...これって微妙。

 

使い道は制限されそう・・・

 

次に、FotoSweep

Fotosweepicon

  

FotoSweep

 

このアプリ、複数の写真をつなげるのではなく、動画を撮影してそこからパノラマに切り出します。

「パノラマ」と同じく、横方向にしか広がりません。

iPhoneを縦に構えるしかできないため、縦方向の幅は固定ですが、こっちは1800pixelは確保されてます。

iPhone4Sの動画は1080p(1920×1080pixel)ですから、それよりちょっと狭くなっているようですけどね。

その代わり、横方向はどんどん広がります。

まだ試していませんが、360度も可能で、そのときは5000pixel以上になりそう。

FotoSweepによる撮影

Potosweep

元が動画なので、画質への影響が心配ですが、よくわかりません。

3つのアプリの比較で、特段、画質が落ちているというようには見えません。

むしろ、解像度が高い分、画質は良いように見えます。

 

今回は、遠景だけで撮ったわけですが(パノラマだから当たり前だけど)、寄って撮ったらどうなるか、やってみたいところ。

でも、もともとiPhone4Sのレンズはそれほど寄れません。

こうなると、iPhone用のマクロレンズなぞ、試してみたくなりますね。

|

« ジャンクなカメラアクセサリー | トップページ | 朝靄の見沼田んぼ »

カメラ」カテゴリの記事

サイクリング日記」カテゴリの記事

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャンクなカメラアクセサリー | トップページ | 朝靄の見沼田んぼ »