« 中華パッド Ainol NOVO7 Aurora | トップページ | え!なぜ?NOVO7 AuroraからAppleTVへ映像出力 »

2012年6月23日 (土)

中華パッド ainol NOVO7 auroraを、ちょっと使ってみて

中華パッドのainol NOVO7Auroraを手にして以来、初物の楽しさで、結構、

夢中になっています。
使用開始後1週間の、ファーストインプレッションです。

Top


Ainol NOVO7 auroraが到着して1週間。
まだ死んでいません。生きてます。
過度の期待は持たないようにしていましたが、あれこれ試しては、一喜一憂しています。

期待どおりだったもの、期待ハズレだったもの、いろいろあります。

NOVO7に期待していたことを、用途で整理すると、次の3点になります。

1.ビデオ再生
2.テキスト入力
3.ドキュメント閲覧

買って1週間の使用感を、この3点に整理して述べたいと思います。

Android

オープニング画面。このロボット、はっきりいってダサイ

なお、アンドロイド機は初めてなので、どうしても使用感の基準はiPadかiPhoneになってしまいます。
iPadを基準に中華パッドの使用感を語るのには無理があるのは承知のうえです。

また、不満がある場合、それがandoroidというOSからきているものなのか、NOVO7のハードウェアからきているものなのか、はたまた使ったアプリからきているものなのか、まだよくわかりません。
このマシンの場合、ファームウェアのアップデートでいろいろ改善した、という報告もあります。

ですので、今後、使うアプリやフォームウェアのアップデート、あるいは慣れることで、不満が解消する部分があるかもしれません。

とにかく、1週間だけ使ってみた感想です。

1.動画再生

これは、期待どおりですね。
 
720pとかのハイビジョン動画も楽々と再生します。
 
また、確かにMPEG-TSの再生も可能でした。
 
iOS機と違って、本体やSDカードへのデータの取り込みとか、サーバーへのアクセスにいろいろな方法があるのが楽しいです。
 
自宅のネットワークへうまく組み込めそうな感じです(AppleTVとさえ連携できそうなのには、想定外の喜び。これについては後日報告)。

2.テキスト入力

期待ハズレ。
 
いくらAndroid OS4.0にはパワー不足だといっても、テキスト入力くらいはiPhoneよりも快適にできるかと期待したのですが、ダメです。
 
反応が遅いのに加え、画面タッチがなんかズレている。

Touch

なんか、思ったところより上側をタッチする必要がある感じ
 
日本語IMEをいろいろ試したのですが(今はshimejiに落ち着いついてる)、ストレス感じます。
 
ただ、これは慣れやファームウェアで改善するかもしれませんし、外付けキーボードの使用で補えるかもしれません。

3.ドキュメント閲覧

PCで作成したワープロ書類や電子書籍などの持ち出し閲覧用マシンとしての期待。
 
特にPDF閲覧の機会が増えたので、それをiPhoneよりも大画面で見れて良いかも、って考えたわけです。
 
今のところ、その期待はハズレ。
 
遅いんです。

Pdf

文字がジワ~って描画される感じ
 
PDFを開くと、文字の描画が遅くて待たされます。

電子書籍はまだ試していませんが、PDFがこうだと、なにかとキツそうです。
もっとも、これはアプリ次第かもしれませんが....



1週間使った感想は、ざっとこんなもんですが、今のところ、楽しんでいます。

周辺機器もいくつか買って、さらにもっと欲しいのですが、なんせ中華パッドですから、いつ死ぬかわかりません。

ほどほどにせねば......

|

« 中華パッド Ainol NOVO7 Aurora | トップページ | え!なぜ?NOVO7 AuroraからAppleTVへ映像出力 »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華パッド Ainol NOVO7 Aurora | トップページ | え!なぜ?NOVO7 AuroraからAppleTVへ映像出力 »