« 中華パッド ainol NOVO7 auroraを、ちょっと使ってみて | トップページ | またDAHONのスリップカバーを買った »

2012年6月30日 (土)

え!なぜ?NOVO7 AuroraからAppleTVへ映像出力

NOVO7 Auroraで唯一、満足している動画再生機能。
いろいろな再生アプリを試しています。
そうしているうちに、なんと、AppleTVとつながっちゃいました。

Top_2

NOVO7  Auroraは動画再生機能だけは優れています。


720PのMPEG2(MPEG-TS)データも再生できちゃいます。


それと、いろいろな方法でデータにアクセスできる。


本体やSDカードに保存してある動画を再生するときは、PCとUSBでつなぐとPCにマウントされるので、ドラッグアンドドロップでヒョイとコピーして、ファイルブラウザ系のアプリでそのデータを探して、それからタップして、再生アプリを選んでOKタップするだけ。


ほとんどパソコンと同じ。IOSと違うAndroid機のいいところです。


ネットワーク接続も簡単。

PC(Windows)の共有フォルダにも苦もなく接続できます。

MonsterXでPCに取り込んだMPEG-TSをネットワーク越しに再生できちゃいます。

 
実は、こんなことは、使いはじめてしばらくしてから認識できたことです。

 
最初は、iOS機を使うのと同じ感覚でいました。

iOS機と同じ感覚で、DLNAアプリもいろいろ試してみて、おおむね、iOS機と同等以上のことができることが確認できました。

 
試したアプリの1つが、Twonky Beamです。

Twonky_icon

 
このアプリ、DTCP-IP対応だというじゃありませんか!

ということは、LANDISK AV HVL1-G1.0TとかREGZA RD-BR600に録画したテレビ番組などを再生できるかも!!

期待に胸を踊らせたのですが…

残念ながら、対応していない形式とかのアラートが出て、再生できません。

番組名は表示されるのですけど。

ネットで調べたところ、録画番組を再生できるマシンは、確かに存在しているようです。

機種によるのでしょうね。

中華パッドはダメみたいです。

 

さて、Twonky Beamを操作していて、不思議な現象に遭遇しました。

 
Twonky Beamは、動画を再生するにあたって「プレーヤー」を選ぶ必要があります。

最初、その意味がわかりませんでした。
再生アプリなのに、「プレーヤーを選ぶ」って、どういうこと?

Twonky Beam自体はつなぐ役割しかなく、再生は他のアプリにやらせるのかも、って思ったりもしましたが、他のアプリを選択しようにも、選択候補に出てきません。

選べる「プレーヤー」は2つあって、、1つは「本体」。

そして、もう1つがなんと、「AppleTV」。

どういうこと?

で、AppleTVを選んで再生してみたところ、なんとなんと、AppleTVから動画が出力され、大画面TVに映し出しているではありません。

びっくりです。

まさか、アップル製品以外とAppleTVがつながるとは?

Twonky Beamっていうアプリは、単なるDLNAクライアントではないようです。

DLNAサーバーにもなるようです。

なので、TV(REGZA 46ZX8000)からも、DLNAサーバーとして見えます。

Regza_monitor

NOVO7 Auroraに入れたMPEG2動画を大画面TVで再生することができるわけですね。

それとは逆に、他のクライアントに動画を送りつけることもできるようです。

Twonky BeamのWEBサイトの説明はこうです。

画面をタップするだけで選択されたコンテンツがAirPlayの有効なUPnPまたはDLNA準拠デバイスのような指定プレーヤにBeam転送されます」

 

「AirPlay」って言葉がありますね。

だから、AppleTVから再生できたのでしょう。

ただ、iPhoneなどからAirPlayでAppleTVに映像を映し出すのとは、少し違うかな、って思います。

それは、デコードはAppleTVがやるようになっていそうな感じであること。

「プレーヤ」を本体にするとMPEG2のデータも再生できるのに対し、AppleTVに送りつけると、MPEG2は再生がダメで、MP4だけが再生可能だからです。

もしAppleTVがデコードするのだったら、より余裕をもって再生できるような気がします。

なお、以上はローカルネットワーク上の動画ファイルを再生するのを想定したもの。
例えば、LANDISK AV HVL1-G1.0Tに入れたH.264動画をTwonky Beamで読み取って、AppleTVで再生するようなケースです。

現実に、そのようにうまくいきました。

一方で、Twonky Beam自体は、YouTubeのような動画サイトの映像も同様にAppleTVに送ることができます。

適当な動画を選んで実験したものを、ビデオ撮影してみました。

HQ画質のものなら、すごく綺麗です。

操作法が独特で、いまいち掴みきれていませんが

|

« 中華パッド ainol NOVO7 auroraを、ちょっと使ってみて | トップページ | またDAHONのスリップカバーを買った »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華パッド ainol NOVO7 auroraを、ちょっと使ってみて | トップページ | またDAHONのスリップカバーを買った »