« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月23日 (日)

iPad miniがやってきた!!

ついに到着、iPad mini。
わが家でiPadは2台目、マイタブレットはNOVO7に続いて2台目。
でも、軽さが違います、快適さが段違いです。
 

Top

初代iPadは家にあるけど、ほぼカミさんのゲーム専用機と化し、ほとんど触れらず。
 
3代目iPadは会社のを使わせてもらう機会があるけど、所詮は社用。
 
スマホもそうだけど、やっぱりタブレットも個人で持たないとダメですね。
 
アプリは自分に合うように入れなきゃ。
 
初代と3代目iPadを使って思ったのは、
「カバンに入れて持ち歩きたい。でも、まだ重い…」
っていうこと。
 
Andoroid機は7インチの軽いやつが続々と登場していたので、気になっていたところ、7インチiPadの噂が出始め、iPadを買うんだったら7インチくらいって、決めてたのでした。
 
噂がなかなか現実にならなかったので、ちょっと試しに買ったのが、NOVO7だったのです。
Andoriod機を使ってみたかったのと、小さいタブレットを持つってのが、どんな感覚かを、体感してみたかったんです。
そして、iPad miniの発表。
待ってました!
NOVO7があまりにダメダメ機だったので、もうAndroid機の選択はありません。
(中華パッドでAndroid機を評価するのは無茶ですが…)
iPhoneや会社のiPadでGoodReaderとかGoogleDriveとか使って、ビジネスでも有用だと確信も掴めました。
でもそうなると、やっぱりモバイル通信手段もないとダメだと思うようになりました
そして、先にイーモバイルの3Gルーターを契約したのは前回述べたとおり
少し後悔はあるにしても、モバイルルーターを単独で買った以上は、WiFi版iPad miniを買うしかありません。

そして、ポチッと。

珍しく、アップルストアオンラインで注文しました。
単独だと、どこで買っても値段は一緒だし、量販店のショップポイントもつかない。
そして、アップルストアのほうがちょっと早く届いて、BBモバイルポイントの公衆無線LANもついてくるし・・・
大体、2週間で到着。
 

Box

開封の儀です。

Package


 
あいかわず、シンプルで、綺麗なパッケージですね。
 
NOVO7とは大違い(^_-)。
 
本体を取り出して、MOVO7とiPhone4Sを並べたところ。

Torio


到着前に、ケースを買っておきました。
 
iBuffaloのハードケース。

Casebox

本当はレザーとかの手触りがいいのが良かったのですが、せっかくの軽量ボディなのに、ケースで重くしたくなかった。
 
それと、表面カバーがあると、邪魔だと考えました。
 
さっと出して、さっと使いたいから。
 
ただ、表面は保護したいので、スマートカバーがいいと考えました。
 
取り外せるから。
裏面は常に覆われていてもいい。
 
つまり、スマートカバーが着けられて、軽いヤツがいい。
 
それで、手触りがいいのがあればよかったのですが、残念ながら、ハードケースしかなかった。
 
iBuffaloのは評判よくないのですが、最後は安さで選びました。
 
2000円以下で買えたので。
付属のシートが上手く貼れず、気泡入りまくり。

Kiho

まぁ、これはいつか低反射タイプに換えるつもり。
 
PCに繋いで、初期設定。

Power_on

Sighn

 
その日のうちに数十のアプリも入れました。
 
さあ、明日から持ち歩くぞ!!
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
ということで、使用を始めて数日経ってます。
 
そして感じたことは、自分が欲していたのは、このサイズではなく、この軽さだっていうこと。
 
大きさについては、結局は通勤電車で片手で持って操作することはできません。
 
逆に、10インチくらいほしいくらい。
 
でも、軽いってことは、本当にいい!
 
それは痛感してます。
 
快適です。
 
もはや、もうこれなしに電車に乗りたくないってくらいになってます。
 
ただ、やっぱりハードケースは馴染めない。
 
結局はちょっと重いレザーケースとかに買い替えそうです。

| | コメント (0)

2012年12月 7日 (金)

なぜか購入!初モバイルルーター Pocket WiFi GP01

iPad miniを買うつもりでいるところ、先にモバイルルーターを買いました。
しかも、今さらイーモバイルの3G回線で、端末はPocketWiFi GP01。
この買物、果たして吉と出るか!

Top

iPad miniを買うつもりでいるものの、なかなか踏み切れないでいました。

その大きな理由が、セルラーモデルの料金プランがなかなか発表されなかったこと。

 

iPad miniを使うときのため、やっぱりモバイル通信手段を確保したいですよね。

別回線でモバイルルーター持ちとか、iPhone5に機種変してテザリングとかの手段もある一方、本体に携帯電話回線持たせる手もあるわけです。

私はソフトバンクiPhoneユーザーなので、同じソフトバンクのiPad miniならば、もしかすると有利な契約ができるかもしれないっていう期待がちょっとありました。

ところが、なかなか料金プランが発表されない。

それどころか、発売日でさえ、11月22日まで発表されませんでした。

やっと、発売日が11月30日だと発表された後も、料金プランは発表されませんでした。 

料金プランの発表があったのが、auとソフトバンクとも、前日11月29日の夜でした。

 

超ギリギリではありませんか!

 

そして、そのプランが微妙。

ソフトバンク携帯ユーザーなら、16GBモデルのパケット定額プランで月々4,750円で実質本体無料、っていうプランが有利ではありましたが、やはり2年縛りがあり、2年間計111,400円。

そんなに金かける価値が俺にはあるのか?

一方、イーモバイルのLTEルーター定額1月3880円でiPad mini1万円引きや、WiMAX+auルーター月4480円でiPad mini1万円引き、なんていうキャンペーンもやっている。

16GBのWiFiモデルと合わせると、2年間総額が前者は111,920円、後者は126,300円。

いずれも、ソフトバンクの定額プランでWiFi+セルラーモデルを買うよりも高くつくわけですが、通信量の制限が(ほぼ)ない、という魅力があります。

それでも、同じ料金出してわざわざ荷物を増やす必要はないという考えから、ルーター持ちの可能性は消えたと考えました。

 

それよりも、私の腹は、ほぼテザリングで固まっていたのでした。

 

iPad miniを買ったとしても、普段使いは、おそらく圧倒的にiPhone。

つまり、iPhone4SからiPhone5に機種変すると、単にテザリングが可能になるだけでなく、そのスピードアップの恩恵も受けることができるわけです。

 

コスト面はどうか?

 

私のiPhone4Sは支払いがあと3万円残っていて、そのまま2年保有すれば実質ゼロになりますが、iPhone5に乗り換えるとその3万円を支払わなくてはなりません。

でも、今は買取りサービスをやっていて、最高16,000円になる。それなら、差額は14,000円。

iPhon5のパケット定額は5460円で、今の4410円より1,000円くらい高くなるけど、11月30日まではホワイトプラン半額というのをやっていたので、実質的には月500円くらい増。

そして、しばらくはテザリングオプションが無料。

ということで、2年間のコストは、iPad mini 16GBのWiFi版を買うとして、

500円×24+14,000円+28,800円=54,800円。

一番安く済んで、しかも荷物は増えないし、最新のiPhone最新を使える。

月7GB制限とバッテリーの減りが気になりますが、iPhoneでのこれまで最高は月3GBほどだし、バッテリーについては、モバイルルータを持ち歩くと思ってモバイルバッテリー持ち歩けばいいわけだし。

 

セルラーモデルの料金プランが発表されたものの、やっぱりiPhone5に機種変してテザリング作戦がよいと思ったものでした。

 

そうなると、すぐに行動に移す必要がありました。

 

一応、iPhoneの買取りやホワイトプラン半額などのキャンペーンの最終日が、iPadセルラーモデルの料金プラン発表日の翌日の11月30日だったのです。

 

会社帰り、ソフトバンクショップに寄りました。

多少、迷いを抱えながら。

店員と相談すると、まず、聞かされたのが、キャンペーンが延長になったということ(ホワイトプラン半額を除いて)。

・・・あわてて今機種変しなくてもよくなっちゃった・・・

 

そして、

「テザリングするとバッテリーが異様に減りますよ」

「LTEはまだエリアが狭いですよ」

・・・・・

ソフトバンクショップの店員、なんかネガティブなんですよね。

 

そして、決め手になったのが、次の話。

「テザリングは、LTEエリアでしかできませんよ」

 

・・・っていうことは、テザリングできるエリアはすごく狭いっていうこと!・・・

後々、LTEエリアしかテザリングできないって店員の勘違いだったってわかったのですが、このときは店員の言うことを信じてしまった。

 

・・・やめた・・・

 

今思うと、なぜ、あのときちゃんと確認しなかったんだって思うんだけど、この言葉で機種変するのをやめちゃったんですよね。

 

そして、その後向かったのが、新宿の大型量販点。

 

モバイルルータを使ったデータプランとセットでiPad miniが安く買えるプランが、やっぱり11月30日までだったのです。

 

でも、それほど購入意欲まんまんというものではなくて、ちょっと寄り道したっていう程度の感覚です。

 

ヨドバシカメラの店頭でイーモバイルの販促をやっているのが目に留まりました。

メインはやっぱりLTEで、月3880円の2年縛りで実質ルータ代がタダになるってやつ。

 

その隣で、3G回線で月2980円定額っていうのも並んでいました。
もう生産終了したっていうルータを使ったもの。

そのルータがPocketWiFi GP01で、1円買い切り。

やっぱり、今日まで限りだという。

 

店員の説明を半身の姿勢で聞いていたら、なんか気になってきました。

一応、ビックカメラにも顔を出して、ヨドバシが有利だと確認し、再びヨドバシへ。

 

そして、契約しちゃいました。GP01。

 

自分でも意外な展開。

 

PocketWiFi GP01について価格コムとかで口コミをサッと確認したところ、評判悪くなかったんです。

スピードも5MB/sくらい出たりするらしい。

雑誌とかのテストを見ると、LTEとかWiMAXだからといって数十メガ/s出るわけではなくて、それどころか地点によっては1~2MB/sのこともあるらしい。

そんなに変わらないかも。

そして何より決め手となったのは、月2980円定額(データプランB)と280円から4680円までの2段階定額(スーパーライトデータプラン)を、切り替えられるということ。

1円でルータを買いとったので、月々割引をかえって気にする必要がない。

ていうことは、使わない場合は、280円で寝かせておくことができる。

解約して9975円の解約手数料払うよりも、寝かせたほうが安くあがる。

 

つまり、使ってみてやっぱりダメだった~なんてときは、月280円払って寝かせて、さっさと違うプランにしちゃえばいいんですよね。

 

やっぱりiPhone5にしてテザリングにしたいって思ったら、損することなく乗り換えられる。

また、おそらくドコモの3GのSIMと互換性がありそうなので、寝かせてる間にMVOの安いSIMに刺しかえることができるかもしれない。

 

こんな理由です。

 

Twin

Photo

iPhone4Sと並べたところ。

小さいことも、魅力の1つでした。

 

さて、ヨドバシで購入後、すぐ使ってみました。

そして、速度計測するためのiPhoneアプリをインストール。

 

新宿からの埼京線で速度測定です。

 

新宿を出たところ。上がイーモバ3G、下がソフトバンク3G。

Em

Sb

 

 

イーモバはいきなり下り4MB/sオーバー出ました。

正直、こんなに出るとは思っていなかった。

 

埼京線は池袋~赤羽でソフトバンクの電波の入りが悪い。

この傾向はイーモバも同じでした。

上がイーモバ3Gで下がソフトバンク3G。

Zyuzyoem

Zyuzyosb


やっぱり、イーモバのほうがいいです。

 

自宅。

上がイーモバ3Gで下がソフトバンク3G。

Homeem

Homesb

イーモバは、下り6MB/s超えてます。

目を疑いたくなる数値。

ホントでしょうか?

 

ちなみに、わが家は光回線をWANにしてルータで無線LAN環境作ってますが、さすがに30MB/sオーバー出てました。

Homehikari

 

なお、ソフトバンクも5MB/sオーバーの地点もあったり、イーモバよりも速いこともあります。

3G回線全体が速度アップしているのかもしれません。

 

いずれにしても、そんなに悪くない数値。

HD画質でなければ、YouTubeもストレスなく視聴できます。

気楽にネット動画を閲覧できそうですが、そうすると相当な通信量になります。

 

一般的なパケット制限である月7GBが、自分にとってネックになるか?

それを測る格好のシミュレーションになりそうです。

 

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »