« iPad mini専用スタンド機能付スマートカバーとアンチグレアフィルム | トップページ | ぶらっと京都西陣、三十三間堂 »

2013年1月21日 (月)

iPad miniを風呂に持ち込み、無理くりテレビ放送視聴

肌身離さず状態になっているiPad mini
風呂にも必ず持ち込むようになりました。
そんなとき、テレビ放送もiPad miniで見れたらいいのに、って思ったので、無理くりやってみました。

Top


iPad miniが到着するまえから、NOVO7を風呂に持ち込んでいました。
 
こんな防水袋を使って。

この製品、本来はiPad 用の防水袋。
7インチのNOVO7には大きすぎるのですが、大は小を兼ねるということで、使ってました。
 
そして、そのままiPad miniに使ってます。
 
こんな感じ。

Photo

 
NOVO7は動画再生はそこそこいけるので、iPad miniがあってもお風呂で動画観たいときくらいは活躍してくれるのではないかと思ってましたが、ダメですね。
 
iPad miniのスムーズさを知ってしまうと、もうNOVO7にはどんな場面でも戻れません。
 
風呂に入るとき、毎回のようにiPad miniを持ち込むようになってしまいました。
 
 

 
そうしているうちに、風呂場でテレビ放送をiPadでリアルタイムに見れたらよいのに、と考えるようになりました。
 
 
 
iPadでテレビ放送をリアルタイムで観る方法は、いくつかあります。
 
てっとりばやいのは、SoftBank SELLECTIONのデジタルTVチューナーを買っちゃうことでしょうか?
 
私的には、1万円以上出してまで、iPad miniでテレビ放送を観たいとは思いません。
 
 
今ある環境で、何とか観れるようにしたい。
 
 
ワンセグなら、IO-DATAのSEG-CLIP mobileで観ることはできます。
 
でも、BSは観れないし、そもそも画質悪すぎ。
 
 
そこでやってみたのが、ローカルネットワーク上でiPad miniからパソコンをリモートアクセスして、パソコンの画面をiPad miniに映しちゃえっていうやり方です。
 
普段は、東芝のBD機RD-BR600の映像出力をMonsterXを通じてPC画面で観ています(そのため、やっぱりWindowsXP環境から離れられない)。
 
ということは、iPad miniでリモートコントロールして、PCの画面をiPad miniに映し出せば、間接的にテレビ放送を視聴できるはずなのです。
 
実は、NOVO7でも同じ発想からトライしたのですが、ダメでした。
 
 
でも、iOS機ならうなくいきそうな気がしますよね。
 

 
iOS機からパソコンをリモートコントロールするアプリはいくつかあるみたいです。
 
そのなかから選らんだのが、Spalashtop.

Splashtop


動画や音声に強いという評判でした。
 
 
PC側は、Splashtop  Streamerというアプリを入れます。 
 
パスワードとか設定、最初にいくつか設定項目はありますが、あまり難しいことなく、接続しました。
 
すごく、快適です。
 
 
快適なんですが、困ったことが。
 
iPad miniで、他のアプリに切り替えてSplashtopがバックグランドに下がると、PCとの接続が切れてしまうんですよね。 
 
これで何が困ったかというと、RD-BR600のチャンネル切り替えとかを、iOSアプリのRDタグラーという、東芝の録画機をリモートするアプリで行おうと思っていたのですが、チャンネルを切り変えようとして、アプリを切り替える度に、PCとの接続が切れてしまうのでは、面倒すぎるからです。 
 
そこで、どうしたかというと、PC版のRDタグラーを使うということ。

Rdtag


 
RDタグラーは、Windows版もあるんですよね。
 
リモートアクセスする先のパソコンでRD-BR600を操作できるんだったら、iPad mini側のアプリ切り替えは不要なはず。 

 
これはうまくいきました。
 

Chanel

こんな感じでチャンネルを切り替えられます。 

 
家のローカルネットワーク上なら、一応、テレビ放送をリアルタイムで観る環境ができあがりました。

Photo_2

 
動画も撮ってみました。

 
 

いくつか気を付けたい点があって、まず1つ目が、MonsterXで、プレビュー時のビデオレンダリングはVMR9にしなくてはならないこと。

普段はOVERLAYにしてます。

PCで観る分には、それが一番スムーズだからです。

でも、それだとiPad miniには何も映りません。

仕方がない。

幸い、リモートで変えられる。

 

もう1つが、解像度。

 

普段、PCでは720pで観てますが、720pをVMR9で映すと、カクカクする。

全体的に、480iや1080iなどのインターレスはいいのですが、480pや720pなどのプログレッシブはダメみたいです。

仕方がない。

480iの画面しなくてはなりませんが、それでもワンセグよりもずっとキレイです。 

解像度もリモートで切り替えできますからね。

Kaizo

|

« iPad mini専用スタンド機能付スマートカバーとアンチグレアフィルム | トップページ | ぶらっと京都西陣、三十三間堂 »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPad mini専用スタンド機能付スマートカバーとアンチグレアフィルム | トップページ | ぶらっと京都西陣、三十三間堂 »