« 今年の元旦は、意地の日光路 | トップページ | iPad miniを風呂に持ち込み、無理くりテレビ放送視聴 »

2013年1月10日 (木)

iPad mini専用スタンド機能付スマートカバーとアンチグレアフィルム

iPad miniのカバーと表面保護フィルムを変えました。
これは大当たり!
とりわけ、カバーをスタンド機能付スマートカバーに変えたことは、今のところ大正解といえそうです。

Imgp2194

iPad miniを手にしてから2週間ほど経過。

毎日持ち歩いています。

もう、やばい、っていうくらい、iPad miniの魅力にはまっています。

これさえあれば、何時間でも電車に乗ってられると思うほど。

やっぱり、この可搬性はすごいですね。

ところで、iPad miniの本体のカバーと表面の保護フィルムを変えました。

買ってしばらくは、iBuffaloのハードケースと付属の光沢系保護フィルムを使っていたのですが、やっぱりプラスチックのハードカバーの手触りが気に入らない。

手から滑り落ちそうなんですよね。

レザーとかの素材のものにすればいいのですが、そうすると、アップル純正スマートカバーが付けられなくなる。

スマートカバーではなく、最初からおもて面を覆うフタがついたのを買うのもありだけど、そうすると、なんか重くなりそう。

もともとおもて面は常時、ふたされていなくてもいいという考えだったのです。

さて、どうしたものかと思ってamazonでいろいろな商品を眺めていると、ある製品が目に止まりました。

 

おもて面を覆うフタ部分を山がたになるように後ろで折り返し、スタンドになるというもの。

 

1390円で売っている。

 

「あれ、安いぞ!」

 

確か、同じようなデザインのものが量販店で売っていたのを目にしたことがあり、その場では気に入ったのですが、値段が4000円以上したので購入に踏み切れなかったことがありました。

(後々、CYGNETTというブランドのものであったことがわかりました)

 

サイトで見る限り同じような製品に見えるのですが、あまりにも値段に差がある。

 

ちょっと怪しい・・・

包装とかを簡易にしてコストを下げてるから、なんてサイトには書いてあったけど、閉じたときに自動スリープにならないとか、他にも安いなりの理由があるのかな、って疑いを持ってしまいます。

でも、とにかく発送重量がわずか100gだという。

もの自体は少なくてもこれよりも軽いはず。

これって、今のハードケースにアップル純正スマートカバーを付けたのとあまり変わらない。

 

もしかして、いいかも!

 

ダメ商品だったとしても、安いんだからあきらめがつく。

 

よし、買っちゃえ。

 

ということで、amazonでポチッとやってしまいました。

 

結果的に、この決断が大正解だと思っています。

 

確かに簡易すぎるほど簡易なパッケージで到着しましたが、実物は、予想以上にしっかりしていました。 

Imgp2188

ケースをはめたところ。

iBuffaloのハードケースと同様、本体カバー部分は四隅は覆われていますが、コネクタやスイッチあたりは露出しています。

Imgp2209

でも、自分にとってはこれがいいんです。

iBuffaloのハードケースにアップル純正スマートカバーを着けたら、まさにこんな感じたったと思います。

 

Imgp2184

フタ部分を閉じたところ。

ちゃんと自動スリープしました。

フタが3つ折のようになるだけでなく、山がたに折れることが表面のY字の溝でわかりますね。

 

Imgp2190

山がたに折って、iPad miniを横向きに立てたところ。

事前に頭のなかでイメージしていた立て方です。

 

初めて立ててみたとき、あまり安定しないためがっかりしたのですが、今ではまったく許容範囲となっています。

 

そして、うれしい誤算が、iPadを縦にしても立てられること。

Imgp2200

これに気づいたときには、すごくうれしかったですね。

あまり、縦横両方に対応したのはありませんから(アップル純正スマートカバーでも確か縦はダメだったような・・・)。

「デュアルスタンド機能付き」 っていうのは、こう意味からでしょうか。

そうとはいいきれない面があって、それは、まだほかにもスタンド機能のバリエーションがあるからです。

 

フタ部分を丸めるようにして背後に折って立てる方法があって、これはamazonの写真でも紹介されていました。

Imgp2205

でも、これはさらに安定しない。 

どっちかというと、次のようにするケースのほうが有益かも。

Imgp2201

タイピングなどによい角度になります。

 

こんなにスタンドのバリエーションがあるのは、すごくいいです。

 

当初、あもて面を覆うカバーはジャマだと思っていましたが、そんなことはないですね。

 

この商品なら軽いし。

フタ部分のマグネットのおかげで、閉じたときはしっかり閉じる!

 

実は一番気に入った点は、手触りかもしれません。

 

表面がラバー素材のようになっていて、私の好みのようです。

 

実は、iPhone4Sも同様の表面素材のケースを使っていて、気に入っているのでした。

 

Imgp2215

 

iPhoneもiPad miniも、本体は白なのにカバーは黒ですが、これも気に入っています。

白黒のツートンカラーが好きみたいです。

 

買ってよかった~って、一人悦に入っています。

 

さて、もう1つの表面保護フィルムのほうですが、パワーサポートのアンチグレアタイプにしました。

 

もともと、NOVO7で液晶への映り込みにヘキヘキした経験から、低反射タイプにしようと考えていはいました。

とりあえずは、しばらくiBuffaloのハードケース付属の光沢系の保護フィルムを使っていて、映り込みは気にならなかったのですが、どちらかという目の疲れが気になりだしました。

電子書籍にトライしてみようと思っているのですが、目が疲れる!

 

その意味でも低反射タイプが有効だと考え、そのタイプで評判がよかったパワーサポートの製品を購入しました。


 

Imgp2176

こんなパッケージです。

 

Imgp2178

お決まりのクロスに加え、ダストリムーバーという名のホコリ取りシールも入っていました。

 

Imgp2182

アンチグレアだけあって、映り込みがほとんどありません。

 

さて、このフィルムに交換したことの効果については、まだなんともいえません。

映り込みがない一方で、画面がモヤっとした感じになる。

はたして、これが目によいのか悪いのか。

ただ、確実にいえることは、指の滑りがよいということ。

iBuffaloのハードケース付属の光沢系保護フィルムよりもいいんです。

ザラザラ感のあるアンチグレアタイプのほうが、指の滑りがよいというのは意外でしたね。

 

 

|

« 今年の元旦は、意地の日光路 | トップページ | iPad miniを風呂に持ち込み、無理くりテレビ放送視聴 »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の元旦は、意地の日光路 | トップページ | iPad miniを風呂に持ち込み、無理くりテレビ放送視聴 »